0

WPML2.6.0 のリリースをご案内申し上げます。本バージョンは完全新機能と数多くの安定性改善を含む重要アップグレードです。

WordPress 翻訳の自動ダウンロード

WPML 2.6.0の最大の新機能はWordPressコード用に翻訳を自動的にダウンロードする能力です。 これについてはベータ発表の際に詳しくご説明します。

WordPress core翻訳ダウンローダー

この新機能のおかげで、WordPress用の.moファイルについて心配する必要がなくなりました。 WPMLは正しい翻訳ファイルを見つけ、ダウンロードし、データベース内のストリング翻訳に翻訳を保存します。 そのため、WordPress管理画面からも翻訳を編集することができます。

ここだけの話ですが、お客様がWordPressをアップグレードした時、ご使用の全言語用に.moファイルを見つけ、ダウンロードすることを覚えていますか? 私は覚えていません。そしてこれからも覚える必要はありません。 WPMLが私の代わりに翻訳を自動更新します。

WPMLはお客様が新しい言語を追加したり、WordPressがアップグレードされるたびに翻訳を更新します。 手動で実行することも可能です。

W3TCへの順守

キャッシュは「持っていいもの」ではありません。 キャッシュは少しでもトラフィックがあるWordPressサイトには不可欠です。 私たちは自社サイトにW3TCを使用していますが、キャッシュ機能は「慎重」に使用しています。 最近W3TCとWPMLの間には、特にオブジェクトキャッシングなどに問題が幾つかあることが分かりました。 オブジェクトキャッシングはWordPressに複雑な操作の一部の結果を保存させるテクニックの1つです。 処理とDBへのアクセスを保存し、サーバーへの負荷を軽減しながらサイトを迅速に運営させます。

問題はW3TCがすべての言語のすべてのオブジェクトを同じキーでキャッシュすることです。 (例をあげれば)WordPressが1言語のカテゴリーを処理する場合、W3TCは他の言語のオブジェクトを使用します。 結果がどうなるかはもうお分かりのことでしょう…

WPML 2.6.0はオブジェクトキャッシングコールをフィルタし、他言語の情報を追加します。 現在、強力なオブジェクトキャッシングを持つW3TCをWPMLを一緒に使用しても問題ありません。

新規のインストレーションとアップグレードプロセス

これは一石二鳥の方法です。

  1. 多くのお客様がWPMLのアップグレードの問題に直面しています。
  2. ご使用のプラグイン/テーマとWPMLの互換性に問題があるのでしょうか?

そこで私たちはインストーラーと呼ばれる新しいプラグインを用意いたしました。これはWPMLのアップグレードロジックをもっと斬新なソリューションに置き換えるものです。インストーラーは有料プラグインとテーマのインストールを飛躍的に向上します。インストーラーをインストールすると、WPML.orgはお客様サイトの標準プラグインソースになります。つまりインストールとアップグレードプロセスが、WordPress.orgからのプラグインと同じように実行されます。

これによりWPMLの自動更新やアドオンプラグインが問題なく行えるようになります。 近い将来、他の人気の高い有料プラグインのアップグレードも同じインストーラーから得られるようになります。

インストーラーは新しいプラグインとテーマが、すでにインストールされた既存の項目と一緒に作動するか判断します。 テーマとプラグイン検索結果が他の人が経験した問題を報告するため、お客様のサイトにインストールする前に、相互互換性の問題があるか知ることができます。 私たちはこのシステムに1年ほど取り組みました。広範なテストとベータの結果、ようやくWPMLと共に使用することが可能になりました。

インストーラーはオプションです。WPMLは常に当社の「ダウンロード」ページからダウンロードできます。インストーラーはWPMLの不完全で旧型のアップグレードロジックを取替え、別のプラグインにしたものです。

WooCommerce 多言語 (現在作動中)

今回のリリースにはWPMLとWooCommerce Multilingualが組み合わされました。

私たちの観点からすると、多言語電子商取引(e-コマース)は戦略です。 今日、WooCommerceはWordPress用の最も複雑(かつ維持された)な電子商取引プラグインです。このため、私たちはこれをテストケースとしました。

新しいWooCommerce Multilingualのリリースは製品のバリエーション、プロパティ同期、重複製品、その他の多くの問題を修正します。

もしお客様がWooCommerceで大型の電子商取引サイトを運営されている場合、WPMLとWooCommerce Multilingualで多言語にすることができるようになります。

現在、「安定しつつあるが、まだ完全ではない」段階です。 作動はしますが、少々修正をかけたWooCommerce版を使用しなくてはなりません 。 このバージョンは新しいフィルターと WooCommerce ではリリースされていない多少の変更が含まれます。 両方ともダウンロードは WooCommerce Multilingual ページにあります。

ところで WooCommerce は完全に弊社のTypesとViewsプラグインに完全統合されています。私たちが WooCommerce とViewsで作成したものをご覧になり(PHPコードは全く使用されておりません)、感触を得てください。 まもなくこの参照サイトには多言語コンテンツが用意され、 WPML、Types、Viewsで作成した完全な電子商取引サイトを見ることができます。 弊社のサーバーでテストし、お試し下さい。 準備完了したら、もう少し詳しくご説明します。

WooCommerceだけではありません。 まもなくJigoShop のサポートも更新されます。 MarketPress はすでにWPMLとスムーズに作動していますが、近い将来Cart66へのサポートを追加する予定です。

ACF、Typesとその他のカスタムフィールドプラグインとの互換性の問題

これはWPMLのバグとして始まりましたが、WordPress coreのおかしな行動であることが分かりました。 WordPress はカスタムフィールドのコンテンツをその構造に基づいて、自動的に連続化、あるいは非連続化するようです。 結果としてカスタムフィールドを翻訳すると、コンテンツが二重に連続化または非連続化され、おかしな外観を呈します。

私たちは問題の原因と、問題を予防しながら使える安全な機能を見極めました。 現在連続するカスタムフィールドが翻訳されると、WPMLはこれらを正しく同期します。 話が少々技術的になりましたが、連続化したコンテンツのカスタムフィールドを使う人々(私たちを含む)には、かなりの時間の浪費でした。 WPMLは現在、(多くの連続フィールドを使用する)上級カスタムフィールドとスムーズに運用できます。Typesとの運用も向上されました。 お客様のテーマがカスタムフィールドに連続配列を使用し、違う言語に同期する場合、かなり大きな改善がみられることでしょう。

WPML 2.6.0のダウンロード

ここへ直接スクロールされた方は、WPML2.6.0(とその後のバージョン)の新しいアップグレードに関する私の説明を見逃されたかもしれません。

WPML2.6.0はお客様のWPMLアカウントからダウンロードし、インストールすることができます。

このアップグレードを自動取得するには、まずインストーラープラグインをインストールしてください。 その後、「プラグイン」ページへ移動し、マウスをWPMLの上に置き、「ログイン」リンクをクリックしてください。 お客様のwpml.org 用のメールアドレスとパスワードを入力すれば、これで完了です。 もちろんインストーラーはWordPressが他のパスワードを取り扱うように、暗号化の後、お客様のパスワードを保存します。

この時点から、WPMLアップグレードはプラグインページに正常に表示されるようになります。 この操作でプラグインレポジトリからプラグインをダウンロードするように、WPML.orgから自動的にアップグレードを取得する許可をWordPressに与えたことになります。

制作者とフィードバック

WPML 2.6.0 はWPML 制作開始以来、最も重要なリリースの1つです。本リリースの実現を可能した人々をご紹介します。

  • Mihai – プロジェクトリーダー
  • David – 新サポートチーフ(兼有能な開発者)
  • Bruce – Types and Viewsのプロジェクトリーダー
  • Dominykas – WooCommerce Multilingualの責任者
  • Nikos – インストーラー主開発者
  • Bigul – QA とテスト
  • Boban – QA とテスト
  • Harshad – サポートと QA
  • Brooks – サポート

いつものように、技術的なヘルプが必要な場合、私たちのフォーラムで新しいスレッドを始めてください。このリリースに関するご感想、ご質問、ご提案はここにコメントを残していただけると幸いです。