0

本日、WPML3.3 が無事リリースされました。このバージョンは英語をソース言語としない(または全く英語がない)サイトに対応することを大きな特長とします。WPML3.3 はその他にも多数の改善と追加機能が含まれています。

長い間、お客様から多大なサポートを頂いたバージョンがついにリリースされる運びとなりました。 リリースされた幾つかのテストバージョンにはお客様から貴重なフィードバックを頂きました。 このバージョンはWPMLに大きな変化をもたらすため、様々なサイトの様々な設定を使用されているお客様からフィードバックを受け取ることが非常に重要でした。 本日までベータとRCバージョンをテストしていただいた皆さまに心よりお礼を申し上げます!

英語なしの多言語サイト

大部分のWordPressサイトはもはや「英語に偏る」ことはありません。 このWPMLバージョンのリリースはそのようなサイト構築をご支援します。 WPMLを使用すれば、英語は主要言語である必要はありません。ユーザーはいかなる言語でもサイトを作成し、コンテンツやストリングを他言語に翻訳することができます。他のソース言語からストリングを翻訳することも可能です。

翻訳サービスの優れた統合

今まで当社のお客様は翻訳プロバイダーとしてICanLocalizeとCloudwordsを利用することができました。 WPML 3.3 はその他の翻訳サービスに必要な多数の機能を含みます。 当社は次の数日間に主要な翻訳会社と内部テストを行います。 その後、結果が個別に発表されます。

安定性とテーマ適合性

この開発期間ではかなりの部分のWPMLコードがオートメーションによりテストされました。 テストは「個々」と「統合」の組み合わせにより実施されました。 完全なテストを行うことにより、何も破損することなく、もっと大胆な動きが可能になります。 WPML 3.3は様々な誤作動や適合性の問題を解決します。

ダウンロードとアップデート

WPMLをアップデートする前にデータベースのバックアップを取ってください。WordPress、テーマ、プラグインのアップデート前にもバックアップを取っておいたほうがよいでしょう。当社は当社が使用するいかなるアップデートまたはプラグインにもバックアップを作成します。今30秒かけてバックアップすれば、後で何時間もの時間を節約できます。

最善のWPMLアップデート取得方法は、WordPress adminからアップデートすることです。 まずサイトの登録をご確認ください。 登録すると全ての新バージョンの自動アップデートを受け取ります。 このアップデートはWPMLアカウントのDownloadsからダウンロードできます。

WPMLの将来?

ご存じの通り、WordPress 4.4 はタクゾノミーメタを追加しました。 これは私たちが待ち望んだ変更です。 私たちは現在、WPMLにタクゾノミーメタ(フィールド)のサポートを追加する作業に取り組んでいます。プラグインのさまざまな場所を影響するためにかなり大きなプロジェクトになります。Translation Editorから手動でタクゾノミーメタを翻訳したり、翻訳サービスを使用することができるようになります。現在このプロジェクトは計画段階ですが、実用に近づいたら、新しい投稿でお知らせします。タクゾノミーメタの翻訳はWordPress4.4リリース後になりますが、ほとんどのテーマとプラグインはこの機能を使用できるようになるまでもう少し時間が掛かるので、問題はありません。

タクゾノミーメタのサポートの他に私たちが取り組んでいることの1つにWooCommerce Multilingualのユーザーインターフェースと翻訳ワークフローの改造があります。 新しいUI の外観が改善され、使用ももっと簡単になります。 サイト管理者と「トランスレーター」ユーザーにとって大幅な改善になります。 このアップデートとともにWord Press admin内でのWooCommerce Multilingualのパフォーマンスが最適化されます。

そして最後ですが重要なことに、WPMLの言語スイッチャーの改善があります。長い間、この設定インターフェースとオプションにはあまり改善がありませんでしたが、お客様から言語スイッチャーについて沢山のフィードバックが寄せられました。このため皆さまのフィードバックを実用化する計画を策定しています。

フィードバック?

皆さまのフィードバックは常に大歓迎されます。 フィードバック、ご意見、ご質問があればお気軽にお知らせください。 コメントを残していただければ、返答させていただきます。 サポートに関する問題は、テクニカルサポートフォーラムでスレッドを立ててコメントににリンクを含んでください。