言語オプション別に違うドメインでWPMLを使用したいですか?

サイトで違うドメインを使用することは見ばえ以上の利点があります。

人によっては自分の国に関連するドメイン名にアクセスすることを好み、これにより閲覧者の愛国心が満足されることがあります。 特定ユーザーをターゲットするドメインを使用できるため、SEO戦略としても有効です。

言語別のドメインの設定にはWPMLから -> 言語ページを開きます。

言語別のドメインの設定にはWPMLから -> 言語ページを開きます。

 

まず実際の使用上における意義を説明します。

例えば英語とドイツ語をWPMLで運営し、言語オプション別に異なるドメインを持つとします。

言語別のドメイン設定には2つのオプションがあります:

  • 別々のドメイン

例えば、このオプションを使用することで2つのドメイン、英語用にexample.com、ドイツ語用にexample.deを用意することができます。

example.com > 英語

example.de > ドイツ語

  • サブドメイン

または英語用にen.example.com 、ドイツ語用にde.example.comとサブドメインを用意することもできます。

en.example.com > 英語

de.example.com > ドイツ語

次の大きな質問はこれをどのように達成するかです。 答えはあなたのサイト設定の2つの構成によります。

  • DNS サーバー
  • HTTP サーバー(Apache、 Nginxなど。)

DNS サーバーの設定

手動設定

トップレベルドメイン設定によるDNS設定

別々のトップレベルドメインが存在する場合 (example.com, example.de)、適切な認証DNSサーバーを持たせるためにこれらを設定します。 これは通常ドメイン販売先の会社が提供する設定パネルにより実行します。

ドメインを追加した時、あなたのHTTPサーバーを指すDNSサーバーに記録を作成する必要があります。 簡単に言えば、サーバーは特定のドメインにある時、ユーザーにどのデータを提供するか知る必要があります。 サーバーが.de ドメインに達した時、サーバーはサイトにドイツ語データを示す必要があります。

自分のDNSサーバーを持つ場合、このサーバーを指す他のドメインのために“A Record”を作成することができます(これが最善です)。

2種類の記録を使用できます。

  • A record – サーバーのIPを特定する-迅速で適切なソリューション
  • CNAME record – サーバードメイン名を特定する-多少遅くなりますが、IPアドレスを頻繁に変更する場合、良いソリューションです

記録リスト。トップレベルドメインの設定画面は異なることがあります。

記録リスト。トップレベルドメインの設定画面は異なることがあります。

サブドメイン設定付きDNS設定

サブドメイン設定は簡単です! DNSサーバーに追加のAまたはCNAME記録を作成し、同じHTTP / HTTPS サーバーIPまたはドメインを指すだけです。

サブドメイン設定画面は異なることがあります。

サブドメイン設定画面は異なることがあります

この設定の完了後、本ガイドの「HTTPサーバーの設定」に進む必要があることにご注意ください。

cPanel 設定

Cpanelを使用すると必要なDNSとHTTPエントリーが自動的に追加されます。これを行うだけでサーバーを準備できます。

トップレベルドメインの設定

ほとんどの場合、ご使用のcpanelは以下のように見えます。

domains.cpanel

ドメインを追加するには2つの方法があります:

  • パークドメイン – 追加のドメイン名を保持します– HTTP設定であなたのサイトと同じパスを使用するため、最適なオプションです。 パークドメイン画面
  • アドオンドメイン – 現在のWordPressインストール版のあるフォルダを注意深く特定しなければなりません。 アドオンドメイン画面

これを行った後、本ガイドの“最終ステップ”に進みます。

CpanelによりApache と DNS設定が作成され、追加されます。これで全てが順調に動くはずです。

サブドメイン設定

サブドメイン設定を使用するには、Cpanelメニューでサブドメインアイコンを選びます。

サブドメインを作成中、WPMLで「言語別のドメイン」を作業する前に、Wordpressのインストール場所を指示しなくてはなりません。サブドメイン画面

これを行った後、本ガイドの“最終ステップ”に進みます。

CpanelによりApache と DNS設定が作成され、追加されます。これで全てが順調に動くはずです。

設定を2重クリックした後、全てのドメインが同じルートWordPressフォルダを指すことを確認してください。

HTTP サーバーの設定

では設定で2番目に重要な項目、使用サーバーの管理について説明します。

設定を順調に作動させるには、DNSサーバーを指す追加したばかりのドメイン名(またはサブドメイン名)を認識するウェブサーバーにエントリーを作成します。

自分のサーバーを運営・管理する場合、これは簡単です。現在の設定にサーバーエイリアスを追加するだけです。

以下はApache サーバー設定に使用する例です。


 DocumentRoot "/var/www/www.example.com/webroot"

  ServerName example.com

  ServerAlias example.de

...

追加するのはこれだけです。簡単でしょう?

Nginx サーバー設定も簡単です。

server {
        server_name example.com;
        ...
}
 
server {
        server_name example.de;
        ...

どちらを選択するにしろ、最も重要なことは全てのエイリアス設定がWordpressがインストールされた実際のフォルダを示すことです。

最終ステップ

全てを設定したら、 WPML -> 言語から言語別のドメインに設定を変更します。必要な情報を入力し(他のドメインまたはサブドメイン)、保存ボタンを押し、ドメインを確認します。 確認に問題がある場合、レポートで報告されます。その後設定を全て保存します。

デバグ

新しい設定で問題が残る場合、Wordpressのデバグを有効にするとよいでしょう。 次のスニペットをあなたのWordPress siteのwp-config.php ファイルに追加することでこれを実行できます。


// Turn debugging on

define('WP_DEBUG', true);



// Tell WordPress to log everything to /wp-content/debug.log

define('WP_DEBUG_LOG', true);



// Turn off the display of error messages on your site

define('WP_DEBUG_DISPLAY', false);



// For good measure, you can also add the follow code, which will hide errors from being displayed on-screen

@ini_set('display_errors', 0);

ドメインオプションをWPMLに保存する時、 /wp-content/debug.log に作成されるログファイルをモニターする必要があります。

ブラウザコンソール(コンソールを表示するにはキーボード上でF12を押してください)で admin-ajax.php応答もモニターすることができます。 コンソール出力と ../wp-content/debug.log からのログに基づいて問題の原因を特定するには、あまり重要ではないWordpressプラグインを無効にすることができます。ブラウザコンソール例

それでも問題が残るようでしたら、弊社のスペシャリストかWPMLフォーラムにご相談ください。


 

George Botsev

George Botsev

私はオタクです、スタートレック、コンピュータ、その他のオタクに関連するものがすべて好きです。 他にはシステム管理、エレクトロニクス、オープンソースソフトウェア、オープンソースハードウェア、写真、音楽など主にIT関連に興味があります。

WordPressの経験は10年以上です。ITとシステム管理者としての経験が10年ほどあります。

私の主な仕事はデバグ問題です。2014年9月にWPMLサポートチームに加わり、皆さんの問題解決をフォーラムで支援しています。