WordPress搭載のデバッグ機能を有効にする

WordPressはPHP問題を明らかにするデバッグモードを含みます。

有効にするには wp-config.php ファイルを開き、define(‘WP_DEBUG’, false); を探し、以下に変更します:

define('WP_DEBUG', true);

サーバーのファイルへのエラー記録を有効にするには、もう一つ同じようなラインを追加する必要があります:

define( 'WP_DEBUG_LOG', true );

この場合、エラーは /wp-content/directoryの内側のログファイル、 debug.log に保存されます。

エラーを記録するのみ、あるいは画面に表示するかによって、上記のラインの直後にこのラインも追加します:

define( 'WP_DEBUG_DISPLAY', true );

wp-config.php はあなたのWordPressのルートディレクトリにあります。 データベースコンフィギュレーション設定と同じファイルにあります。 編集するにはFTP あるいはSFTPでアクセスします。

wp-config.php を開き、define ステートメントがない場合には、このラインの直前にそれを追加します:

/* That's all, stop editing! Happy blogging. */

WPMLに関する物だけではなく、すべてを表示することにご注意ください。その他のプラグイン、テーマ、WordPressコアからのメッセージまで含みます。メッセージはあらゆる所に出現します。ページの上部だけではなく、中心に表示されることがあります。

バッグレポートの送信方法

バッグレポートはなるべく当社のテクニカルサポートオフォーラムに送信してください。 WPMLの開発者は投稿すべてをモニターし、迅速に返答します。 当社の返答をいち早く受取るためには、あなたのスレッドのコメントに関するメール通知配信を設定します。