WPML は幾つかのプラグインで構成されています。 基本プラグインでは WordPressサイトを多言語にします。 その他のモジュールは翻訳プロセス、ストリング翻訳、メディア翻訳の効果を高めたり、その他の機能を高めます。

その他のプラグインでの詳細についてはWPMLコアとアドオンページをお読みください。

WPMLを有効にした後、管理ダッシュボードに多言語ウィジェットが見えます。 このウィジェットはWPMLの様々な機能にアクセスを与えます。これらはWPMLメニューからアクセスできます。

WPMLを設定する

  • 言語 – サイトの言語を決め、違う言語のコンテンツをどう整理するかコントロールします。
  • テーマとプラグインローカライゼーション – 従来の.moファイルあるいはWPMLのストリング翻訳のどちらかを選びます。
  • ナビゲーション – WordPressのページに基づいてサイト中のナビゲーションの外観をコントロールします。
  • スティッキーリンク – WordPressで完全なウェブサイトを運営するために不可欠な機能です。 ページ間のリンクが破壊されないことを保証します。

サイトコンテンツの翻訳

翻訳ダッシュボード

WPMLは翻訳用に様々な投稿文、ページ、カスタムタイプを用意し、これらを一緒にまとめます。このため各ページがタイトル、ボディ、メタフィールドを含みます。

WPMLはコンテンツの翻訳に二通りの方法を提供します。

  • +アイコンをクリックして手動で行う
  • WPMLの翻訳管理モジュールを使用する

投稿文、ページ、カスタムデータタイプを翻訳する方法については、コンテンツを翻訳するをご覧ください。

ほとんどのWordPress サイトは投稿文以外にもテキストを含みます。 WPMLはこれらのテキストをストリング翻訳プラグインでを使用して翻訳します。

高度な翻訳

サイトコンテンツと一般ストリングの翻訳後、サイトナビゲーションとローカライズされたパーマリンクの翻訳にご興味を持たれるかもしれません。

詳細情報: