デフォルトによりWordPress投稿とページは投稿タイトル、投稿コンテンツ(本文) および主な画像を含む主要な投稿フィールドのみを表示します。 しかし多くのサイトは、他の投稿情報を入力するためにカスタム投稿フィールドを持っています。 例えば、「イベント」カスタム投稿タイプに属する投稿は「イベント日」、「会場」、「イベントタイプ」などのカスタムフィールドを持っている可能性があります。 WPMLはカスタムフィールドの翻訳を容易にします。

ブロックエディターを使用して「チームメンバー」カスタム投稿タイプ を編集する時のカスタムフィールド
ブロックエディターを使用して「チームメンバー」カスタム投稿タイプ を編集する時のカスタムフィールド
クラシックエディターを使用して「チームメンバー」カスタム投稿タイプ を編集する時のカスタムフィールド
クラシックエディターを使用して「チームメンバー」カスタム投稿タイプ を編集する時のカスタムフィールド

カスタムフィールドを翻訳するには、WPML内でこれらを「翻訳可能」として設定する必要があります。 これを行うには2通りの方法があります:

  • 多言語コンテンツ設定ボックスでカスタムフィールドを持つコンテンツを編集する時。
ブロックエディターを使用してカスタムフィールドを「翻訳可能」に設定
ブロックエディターを使用してカスタムフィールドを「翻訳可能」に設定
クラシックエディターを使用してカスタムフィールドを「翻訳可能」に設定
クラシックエディターを使用してカスタムフィールドを「翻訳可能」に設定
  • WPML -> 設定ページを開き、多言語コンテンツ設定 タブをクリックし、カスタムフィールド翻訳部分までスクロールします。

ここには4つの選択肢があります:

  • 翻訳しない – このフィールドは翻訳できません。
  • コピー – フィールド内の値が元言語からコピーされ、元の言語との同期後もその値が保たれます。
  • 1度コピー – フィールド内の値が元言語からコピーされますが、後に変更が可能です。 最初のコピー後、元言語との同期後、その値は保存されません。
  • 翻訳– フィールドの値を手動で翻訳できます。

自分で翻訳しない場合、これらのカスタムフィールドを表示する全てのコンテンツを再翻訳のために再送信する必要があります。