WordPress Block Editorはいかなるコンテンツブロックも保存し、後ほど他のページで再使用できるようにします。 WPMLはこれらの再使用可能なブロックの翻訳を容易にします。

再使用可能ブロックは、WPML Translation Managementを使用したり、使用せずに翻訳できます。

Translation Managementを使わずに翻訳する

WPMLのTranslation Managementを使用しない場合、翻訳したい再使用可能なブロックがある投稿またはページ用のプラスアイコンをクリックします。

そのページの全ての再使用可能なブロックに翻訳ジョブが作成されます。 ブロックがすでに翻訳済み、または翻訳者を待っている場合は、翻訳ジョブは作成されません。

以下の画像のように、翻訳者はこれらの翻訳ジョブのリンクを含む通知を受け取ります。

再使用可能なブロックに関する翻訳ジョブの通知
再使用可能なブロックに関する翻訳ジョブの通知

Translation Managementを使って翻訳する

Translation Managementを使用する場合WPML -> Translation Management ページを開き、翻訳用のページまたは投稿を送ります。

全ての再使用可能なブロックが翻訳バスケットに追加されます。 ブロックがすでに翻訳済み、または翻訳者を待っている場合は、翻訳ジョブは作成されません。

翻訳バスケットが 再使用可能なブロックに関連するジョブを別々にリストします
翻訳バスケットが 再使用可能なブロックに関連ジョブを別々にリストします

必要な場合、再使用可能なブロックに関連するジョブを翻訳バスケットから取り除くことができます。

翻訳者は他の翻訳ジョブと同様に、再使用可能なブロックに関する通知を受けとります。