トランスレーターがCAT(コンピューター利用翻訳)ツールを使用する場合、オフライン翻訳用に翻訳ジョブを送ることができます。

CAT ツールはトランスレーターの生産性を大幅に向上します。 これらのツールはしばしば翻訳メモリと語彙管理ツールを有するため、トランスレーターに短期間で効率的に仕事を遂行させます。

WPMLはXLIFFモジュールを利用して、CATツールのサポートを行います。 このモジュールはWPMLアカウントのダウンロードからダウンロードします。

トランスレーターにジョブを送るためには翻訳管理モジュールも必要です。

使用方法

あなたのトランスレーターは翻訳用にXLIFFファイルを受け取ります。 これらのファイルはほとんどのCATツールが扱うXLIFF標準に準拠します。 彼らはオフラインで翻訳を行い、完了した翻訳をWordPressにアップロードします。 ワークフローはWPMLの翻訳管理手順を守ります。唯一の違いはトランスレーターはオフラインで自分が好きなツールを使って翻訳するため、WordPress内で翻訳する必要がありません。

  1. まずWPMLの翻訳管理を設定します。あなたのトランスレーターのアカウントを追加します。
  2. その後、トランスレーター通知メールによるXLIFFファイル送信を有効にします(以下参照)。
  3. WPML->Translation Management へ行き、トランスレーターへジョブを送ります。
  4. WPMLはトランスレーターにメールを送り、あなたのサイトに関する新規のジョブがあることを伝えます。 この通知は、ZIPファイルに入れられたXLIFFフォーマットの翻訳書類を含みます。
  5. トランスレーターは自分のCATツールを使用してXLIFFファイルを開き、作業を行います。
  6. 作業が完了したら、彼らは通知メール内のリターンURLをクリックします。 トランスレーターはここで完了したXLIFFファイルをアップロードします。 トランスレーターは何のためであるか指定することなく、ただXLIFFファイルをアップロードするだけです。 各ファイルは何が翻訳されたかをWPMLに教える情報を含みます。
  7. WPMLはあなたのサイトに翻訳を作成し、仕事が完了したことを告げるメールを送ります。

XLIFFファイルを送信するためにWPMLを設定する

XLIFFモジュールをインストールしたら、WPML->Translation Management->Translator notificationsへ行きます。

トランスレーター通知メールにXLIFFファイルを含む

このオプションが選択されると、WPMLは各通知メールに翻訳用のXLIFFファイルを含んだZIPファイルを用意します。

書類を翻訳に送る

WPML->Translation Management へ行き、翻訳書類、翻訳言語、トランスレーターを選び、翻訳を送ります。

WPMLはトランスレーターに通知を送り、翻訳するXLIFFファイルを送ります。

翻訳ダッシュボード

他の方法としてはトランスレーターが自分のジョブリストへ行き、ダウンロードしたい書類を選び、XLIFFとしてエキスポートをクリックします。

翻訳

トランスレーターは通知メールの添付書類を解凍します。 その後CATツールで各ファイルを翻訳し、保存します。

完了したら、トランスレーターは個々のXLIFFファイルをアップロードするか、全部をZIPファイルに入れてアップロードします。

翻訳ジョブページからXLIFFファイルをインポートする

トランスレーターは何回でもアップロードできます。最初にアップロードする時、WPMLは翻訳を作成します。次回からは翻訳が更新されます。

http://wpml.org/documentation/wpml-core-and-add-on-plugins/