Skip Navigation
原作
1月 13, 2020
更新済み
1月 13, 2020

顧客のためにサイトを製作する場合、顧客を翻訳マネジャーを指定できます。 翻訳マネジャーは翻訳に関する全てを取り扱います。 この場合、翻訳マネジャーがサイトの重要部分を変更しないように制限を設定します。

翻訳マネジャーの役割を使用する利点は2つあります。 第1にサイトは顧客のものですから、内容は彼らが一番よく知っています。 顧客はあなたに翻訳を管理させたくないでしょう。

第2に、顧客はWordPressデベロッパーではありません。 サイト管理に重要な部分に顧客をアクセスさせない方がよいでしょう。 これにより、あなたがシステムを管理し、顧客がコンテンツを管理できます。

翻訳マネジャーの設定方法

翻訳マネジャーを作成するには、始めに WPML ->翻訳管理ページを開きます。 翻訳管理ウィザードが開始します。

翻訳管理ウィザードを使用して翻訳マネジャーを設定する方法
翻訳管理ウィザードを使用して翻訳マネジャーを設定する方法

既存のユーザーを翻訳マネジャーの役割に選択するか、新しいユーザーを作成します。

少なくとも翻訳マネジャーはWordPressエディターであるべきです。

またトランスレーターのアクセスは最低限に設定します(サブスクライバー)。 翻訳マネジャーがこれを実施します。

翻訳管理の使用方法

翻訳マネジャーの設定を完了しましたか? 彼らは下記のような翻訳に関する全てを管理します: