1. 必要なプラグインと設定

必要なプラグインと設定

WooCommerce Multilingualを使用するには、以下のプラグインをインストールし、認証する必要があります。

  • WPML 3.4以降
  • WPML String Translation 2.0 以降
  • WPML Translation Management 2.2 以降
  • WPML Media Translation 2.1 以降
  • WooCommerce 2.1 以降

WPMLの全コンポーネントは wpml.org アカウントのダウンロードでお求めいただけます WooCommerce Multilingual および WooCommerce はWordPress プラグインレポジトリでご覧ください。全てのプラグインの準備ができましたか?では開始しましょう!

簡単なプラグインダウンロードとアップデートにインストーラーを使用

WooCommerce Multilingual は必要な全てのプラグインのダウンロード、認証、アップデートに内蔵インストーラーを搭載します。

WooCommerce Multilingual認証後、Pluginsページを開き、一番上でAdd new(新規追加)ボタンをクリックしてください。 特集人気推奨お気に入り商用を含む様々なタブにカテゴライズされたプラグインリストが表示されます。

商用タブをクリックすると、WPMLライセンスの購入オプション、または既にWPMLを購入されている場合、登録サイトキー入力オプションが表示されます。プラグインを購入し、アカウントページからあなたのサイトを登録すると、ダウンロード、認証、およびアップデートできるプラグインリストが表示されます。

サイト登録後のプラグイン商用タブ

サイト登録後のプラグイン商用タブ

セットアップウィザードを使用する

WooCommerce Multilingual はWooCommerce Multilingual プラグインのセットアップウィザードでサイト設定の基本ステップをガイドします。

必要なプラグインを全て認証すると、プラグインページの一番上にWooCommerce Multilingual セットアップウィザード実行が表示されます。

設定ウィザードバナー

セットアップウィザードバナー

開始するにはセットアップウィザード実行をクリックします。

WooCommerce Multilingual 設定ウィザードのスタートページ

WooCommerce Multilingual セットアップウィザードのスタートページ

上の画像に示されるように、セットアップウィザードはWooCommerceの設定ウィザードとよく似ています。 以下の設定を支援します:ストアページの翻訳、翻訳可能な製品属性の選択、複数通貨モードの有効化および製品翻訳用の翻訳インターフェースの選択。


2. ストアページの設定

ストアページの設定

サイトの全言語で標準WooCommerceページを表示する必要があります。 WooCommerce Multilingual がこれを自動的に行います。 これもセットアップウィザードにより実施できます。 手動で設定するには、 WPML->WooCommerce Multilingual を開き、 Status タブをクリックします。 ストアページが存在しません、新規作成しますかというメッセージが表示されます。

WooCommerce Multilingualステータスとアラート

WooCommerce Multilingual ステータスとアラート

WooCommerce Multilingualは翻訳されたページタイトルとともにこれらのページを作成します。 他言語のページタイトルは後で変更できます。このページにはタクゾノミータームの翻訳の紛失に関する警告も表示されます。 製品バリエーションまたは製品カテゴリーとタグ整理にタクゾノミーをご使用の場合、全てのタグゾノミーを翻訳することをお薦めします。


3. 製品カテゴリー、タグ、属性を翻訳する

製品カテゴリー、タグ、属性を翻訳する

ほとんどのストアは製品カテゴリーにより準備されます。 タグを使うものもあります。 バリエーションを使用する場合、おそらく製品属性も使用することになります。 WooCommerce Multilingual がこれらの翻訳を簡単にします。まず製品カテゴリー、タグ、属性を標準WooCommerce編集インターフェースを使用して初期設定言語の中で作成します。 属性の作成中、これらはデフォルトにより翻訳可能と示されます。 このオプションはいつでも各属性について変更できます。

カテゴリー、タグ、属性はまだ翻訳する必要はありません。 ヒント:製品カテゴリー、タグ、属性はすべてWordPressタクゾノミーとして保管されます。WooCommerce Multilingualはタクゾノミーターム翻訳に便利なインターフェースを含みます。WPML->WooCommerce Multilingual を開き、画面上の他のタブを見てください。あなたのストアに属する各タクゾノミー用のタブが存在します。

属性の翻訳

属性の翻訳

各タブは個別のタクゾノミーを含みます。 全てのタクゾノミータームを見るにはこれらをクリックし、翻訳を開始します。タームを翻訳するにはそのラベルをクリックします。 名前、スラグ、記述を入力する必要があります。 名前は画面に表示されます。 スラグはURLに表示され、記述は編集中、WordPress管理に表示されます。 ストアに多くのカテゴリーや他のタクゾノミータームが含まれる場合、迅速に見つけるために検索機能を使用できます。

製品カテゴリー/タグ/属性同期

翻訳された製品が元の製品の翻訳済みカテゴリーに指定されない時、カテゴリータブの一番下にコンテンツボタン内にSynchronize Product Categories(製品カテゴリー同期指定)が表示されます。

コンテンツ内のSynchronize Product Categories指定

コンテンツ内のSynchronize Product Categories指定

このボタンがクリックされると、システムが自動的に別言語の製品に製品カテゴリータームを指定します。 システムは元のコンテンツをスキャンし、翻訳済みタームを翻訳済みコンテンツに指定します。

同じボタンが2つの他のタブ、タグ属性に見つかります。


製品の翻訳

製品の翻訳

製品タクゾノミーの翻訳終了後、製品を翻訳します。 まず初期設定言語または第2言語でWooCommerce内に製品を作成します。 まだ翻訳は行いません。 通常、WooCommerceで作成するように製品を作成します。 標準の製品、製品バリエーション、ダウンロード可能な製品などWooCommerceにより作成可能なものは何でも作成できます。 製品が作成されたら、WPML->WooCommerce Multilingualを開き、Products タブを開きます。

全ての製品をリストする製品翻訳タブ

全ての製品をリストするProducts Translationタブ

製品表でサイトにおける全ての製品サマリーを見ることができます。 多数の製品がある場合、ページの一番上のフィルターを使用して必要な製品を検索します。 各言語は翻訳ステータスアイコンと列を持っています。 これらは未翻訳または更新が必要な製品の検索に役立ちます。 既存の製品の翻訳を編集するにはペンアイコンを、製品を翻訳するには、プラスアイコンをクリックします。

製品翻訳エディター

製品翻訳エディター

製品情報はProducts translation editor(製品翻訳エディター)を使用して翻訳します。製品を最初に作成した言語からサイトに存在する言語全てに翻訳できます。

製品翻訳アドオン

WooCommerce Multilingualは様々なWooCommerce 拡張機能により製品に追加された欄を翻訳可能にします。拡張機能が製品に追加する全ての欄とオプションは、製品翻訳ページで自動的に翻訳可能になります。

以下の画像は製品翻訳ページに存在する製品アドオンを表示します。

製品翻訳ページの製品アドオンセクション

製品翻訳ページの製品アドオンセクション

WPML対応の全てのWooCommerce拡張機能を閲覧するには、wpml.org’s extensions pageをご覧ください。


製品バリエーションを翻訳する

製品バリエーションを翻訳する

WooCommerce Multilingualは製品バリエーションを自動的に作成し、全ての言語に同期します。 初期設定言語にバリエーションを作成したら、製品を(初期設定言語で)保存します。 WooCommerce Multilingualは直ちに全ての翻訳に製品バリエーションを作成します。

製品バリエーションは製品の翻訳と同様の方法で翻訳できます。 バリエーションの特徴にカスタム製品属性があります。 一般的にこれらは全ての製品のカスタム欄と同様に、製品翻訳画面で翻訳します。

バリエーションの翻訳

バリエーション翻訳

バリエーションの画像タイトルも翻訳できます。 バリエーションがグローバル製品属性を使用する場合、これらは関連タクゾノミータブ内で翻訳する必要があります。 すべての属性が翻訳されたら、翻訳された製品バリエーションを自動的に生成することができます。

属性の翻訳が完了すると、他の言語の関連する製品バリエーションも製作する必要があります。 これは属性タブの下のSynchronize attributes and update product variations(属性同期と製品バリエーション)のアップデートボタンを使用して行います。


画像テキストを翻訳する

画像テキストを翻訳する

バリエーションと同様に、WooCommerce Multilingual は製品翻訳間の全ての画像を自動的に同期します。 これには特集画像、イメージギャラリー、バリエーション画像などが含まれます。 初期設定言語で製品の画像をアップロード、または選択したら、保存してください。 製品の翻訳に同じ画像が表示されます。

製品翻訳ページ上の製品翻訳用の画像テキストは、他の製品情報とともに編集できます。

画像テキストの翻訳

画像テキストの翻訳

これで他言語に同じ画像のタイトル、見出し、説明文を加えることができます。


URL翻訳

URL翻訳

URLの様々な構成部分はWooCommerce Multilingual で翻訳できます。 WooCommerce Multilingual 3.8バージョン以降、URLストリングを翻訳する専用部分を使用してURLを翻訳できるようになります。 ご希望の場合、同じストリングを翻訳するためにWPML String Translationページを使用し続けることができます。

WPML->WooCommerce Multilingual を開き Store URLs タブをクリックします。 各言語にURLリストと翻訳ステータスのコラムがあります。 既存のURL翻訳を編集するにはペンアイコン、URL翻訳を追加するにはプラスアイコンをクリックします。

Store URLタブ

Store URLタブ

ストア、カート、支払い、アカウントページ

これらのURLページはそれぞれのWooCommerce ページを翻訳することで翻訳されます。

http://example.com/shop/ (英語)

http://example.com/fr/boutique/ (フランス語)

製品パーマリンクベース

その他のURL関連ベースとともに製品ベースはパーマリンク設定画面で設定できます。 これらのソース言語はデフォルトによりサイトの初期設定言語と同じですが、サイトに関連しない他の言語に設定することも可能です。

製品ベースとソース言語を設定する。

製品ベースとソース言語を設定する。

製品パーマリンクベースの翻訳は以下のようなURLを可能にします。

http://example.com/product/book (英語)

http://example.com/fr/produit/livre (フランス語)

製品ベースの翻訳

製品ベースの翻訳

製品カテゴリーベース

下の例では製品カテゴリーベース“product-category” “categorie-produit”に翻訳されています。

http://example.com/product-category/man (英語)

http://example.com/fr/categorie-produit/homme (フランス語)

製品タグベース

下の例では製品タグベース、“product-tag”“categorie-produit”に翻訳されています。

http://example.com/product-tag/new (英語)

http://example.com/fr/mot-cle-produit/nouveau (フランス語)

製品属性ベース

属性のURLも翻訳できます。 以下は属性、“color”に関連するURLの例です。

http://example.com/filters/color/white/ (英語)

http://example.com/fr/filtres/couleur/blanche/ (フランス語)

WooCommerce エンドポイントの翻訳

“エンドポイント” はWooCommerceが検出するその他のURL部分で、ページのコンテンツを適切にレンダリングするために使用されます。

例えば、あなたがyoursite.com/my-accountというページを持っているとします。エンドポイント、 “edit-account” がこのURLに付け加えられ、 URLがyoursite.com/my-account/edit-accountになると、WooCommerceは “My account”ページの代りに“Edit account” ページを表示します。

エンドポイントはWooCommerceインストールプロセスの効率を改善するためにWooCommerce 2.1 に追加されました。 エンドポイントはStore URLsタブを通して翻訳します。

最も頻繁に使用される2つのエンドポイントにアカウントページエンドポイントと支払いページエンドポイントがあります。 エンドポイントの詳しい情報は WooCommerce 公式ドキュメンテーションをご覧ください。


6. 在庫および製品属性の自動同期

在庫および製品属性の自動同期

製品を販売する際、在庫管理に販売テキストは関係ありません。在庫は初期設定言語の製品設定で設定してください。 WooCommerce Multilingualは顧客が他言語で購入する時、在庫を自動的に更新します。サイズ、重量などのテキストではない製品属性も同じです。 これらは初期設定言語にのみ入力します。 WooCommerce Multilingual が翻訳された製品にこれらを同様に設定します。


7. 複数通貨を使用する

複数通貨を使用する

WooCommerce Multilingual は複数通貨をサイトで使用することを可能にします。

WPML->WooCommerce Multilingual を開き、Multi-currency タブをクリックします。 2次通貨とそのプロパティ、他通貨の追加、他通貨に異なる価格を設定、通貨スイッチャーオプションを変更など複数通貨に関する全てを設定できます。

Multi-currency タブにおける複数通貨のオプション

Multi-currency タブにおける複数通貨のオプション

複数通貨モードはWooCommerce Multilingualにおいてデフォルトで無効になっています。 有効にすると、他通貨にカスタムのフォーマットオプションを設定できます。 フロントエンドで言語に指定した通貨を表示することも可能です。

WooCommerce Multilingualの3.8リリース以降、第2通貨においてWooCommerce 標準価格(正規および販売価格)以外の価格を手動で設定することが可能になりました。 これにより他の拡張機能(WooCommerce Subscriptionsなど)により定義されたカスタム価格タイプが、為替レートに左右されることがなくなりました。 WooCommerce Subscriptions 拡張機能の場合、シンプルサブスクリプションの追加料金は“Sign-up fee” (登録料金)と呼ばれます。

詳細情報には、弊社の資料、サイトに複数通貨を使用するをお読みください。


便利なアドオンプラグイン

便利なアドオンプラグイン

他国での支払い処理を有効にする

グローバル電子商取引サイトを持つ時、他国用に支払いオプションを設定する必要があるかもしれません。 Multilingual CMSパッケージに含まれる WooCommerce Gateways Country Limiter プラグインを使用すればこれを実施できます。

特定の国向けに支払いゲートウェイを有効にする

特定の国に支払いゲートウェイを有効にする

製品の大量インポート

WPMLオールインポートプラグインはCSVファイルから製品をインポートする便利なツールです。


WooCommerce MultilingualとWordPress REST API を使用する

WooCommerce MultilingualとWordPress REST API を使用する

WooCommerce MultilingualはWordPress REST APIに対応します。これにより翻訳されたWooCommerceコンテンツを作成、読み込み、アップデート、および削除することが可能になりました。コンテンツには製品、カテゴリー、注文、その他が含まれます。

このトピックの詳しい情報は、WordPress REST API ドキュメンテーションページをご覧ください。


カスタムWooCommerce テーマの開発?

カスタムWooCommerce テーマの開発?

自身のWoo Commerceテーマを開発中、または既存テーマで大幅なカスタマイゼ―ションを作成中の方は、これらが多言語で実行可能であるか確認すべきでしょう。当社はこれらのユーザーの支援のために、WooCommerceテーマ多言語および多通貨作成用のチュートリアルを準備しました。