必要なプラグインと設定

WooCommerce Multilingualを使用するには、以下のプラグインをインストールし、アクティベートする必要があります。

  • WPML 3.4以降
  • WPML String Translation 2.0 以降
  • WPML Translation Management 2.2 以降
  • WooCommerce 2.1 以降

異なる製品の翻訳に異なるメディア(画像を使用するには、 WPML Mediaをインストールする必要があります。

デベロッパーと仕事を行う場合、このセクションにリストされたコンポーネントをすべてインストールし、設定すべきです。

ダウンロードの下のwpml.org account から全てのWPMLコンポ―ネントを取得できます。 WooCommerce MultilingualWooCommerce はWordPressプラグインレポジトリに 保管されています。 全てのプラグインをお持ちですか? では始めましょう!

インストーラーを使用する簡単なプラグインダウンロードとアップデート

WooCommerce Multilingualは、全ての必要なプラグインのダウンロード、アクティベーション、アップデート用にインストーラーを内蔵しています。

WooCommerce Multilingualのアクティベート後、 プラグインページを開き、一番上の新規追加ボタンをクリックします。 注目 人気 推薦 お気に入り 商用などのタブに示されるさまざまなカテゴリーのプラグインリストが表示されます。

商用タブをクリックすると、WPMLライセンスを購入するオプションが表示されます。すでにWPMLを購入されている場合、登録サイトキーを入力します。 すでにプラグインを購入し、アカウントページを通してお客様のサイトを登録した場合、ダウンロード、アクティベート、アップデートできる利用可能なプラグインリスト が表示されます。

サイト登録後のプラグイン商用タブ
サイト登録後のプラグイン商用タブ

セットアップウィザードを使用する

WooCommerce Multilingual はセットアップウィザードでWooCommerce Multilingual プラグインのサイト設定の基本ステップをご案内します。

全ての必要なプラグインをアクティベートすると、WooCommerce Multilingual セットアップウィザード が自動的にスタートします。

WooCommerce Multilingual セットアップウィザードのスタートページ
WooCommerce Multilingual セットアップウィザードのスタートページ

上の画像が示すようにに、 セットアップウィザードはWooCommerceの設定ウィザードによく似ています。 以下の設定方法をご案内します:ストアページの翻訳、翻訳可能な製品属性の選択、複数通貨モードの有効化。

ストアページの設定

サイトの全言語で標準WooCommerceページを表示させる必要があります。 WooCommerce Multilingual がこれを自動的に行います。 これもセットアップウィザードにより実施できます。 これを手動で行うには、WooCommerce -> WooCommerce Multilingual ページを開き、ステータスタブをクリックします。 ストアページが未設定の場合、ストアページがないことと、これを作成する提案メッセージが表示されます。

WooCommerce Multilingual ステータスとアラート
WooCommerce
Multilingual ステータスとアラート

WooCommerce Multilingualが翻訳されたページタイトルとともにこれらのページを作成します。 他言語のページタイトルは後で変更できます。

このページにはタクゾノミータームの翻訳がないことに通知する警告も表示されます。 製品バリエーションにタクゾノミーを使用する、または製品をカテゴリーやタグに整理する場合、全てのタクゾノミーを翻訳することをお薦めします。

製品カテゴリータグ属性とカスタムタクゾノミーの翻訳

ほとんどのストアは製品カテゴリーにより準備されます。 タグを使うものもあります。 バリエーションを使用する場合、製品属性も必要かもしれません。 WooCommerce Multilingualはこれら全てを簡単に翻訳できるようにします。 翻訳がない場合、WooCommerce Multilingualを設定して元の製品カテゴリータグと属性を表示することができます。まずWooCommerce標準編集インターフェースを使用して製品カテゴリータグと属性をデフォルト言語で作成します。 属性を作成する時、これらはデフォルトで翻訳可能と示されます。 このオプションはいつでも属性別に変更できます。

この時点でカテゴリータグや属性を翻訳する必要はありません。ヒント:製品カテゴリータグと属性は全てWordPressタクゾノミーに保管されています。 WooCommerce Multilingualは、タクゾノミータームを翻訳する便利なインターフェースを搭載します。 WooCommerce -> WooCommerce Multilingualページを開きます。 この時、画面の他のタブを見てください。 ストアに属する各タクゾノミータブが表示されています。

属性の翻訳
属性の翻訳

各タブは個別のタクゾノミーを含みます。 これらのタクゾノミータームをクリックして閲覧し、翻訳を開始します。 タームを翻訳するには、ラベルをクリックします。 ネームスラグと記述を入力します。 名前は画面に表示されます。 スラグはURLに表示され、記述は編集中、WordPress管理に表示されます。 ストアが多数のカテゴリーやその他のタクゾノミータームを含む場合、これらをすばやく探すには検索機能をご使用ください。

WooCommerce Multilingualページからのカスタムタクゾノミーの翻訳

WooCommerce Multilingual 3.9以降のバージョンから、WooCommerce ProductsメインページからWooCommerce Productsに関するカスタムタクゾノミーを翻訳できるようになりました。 Toolset Typesのようなカスタムタクゾノミー をサイトに追加するプラグインが多数あります。 またカスタムタクゾノミーを製品に自動的に追加するプラグインやテーマもあります。 例えば、Adventure Toursというテーマは「ツアーカテゴリー」というカスタムタクゾノミーを作成し、これを他のカスタム製品タクゾノミーと同じように翻訳できます。

製品にカスタムタクゾノミーが関連付けられると、 WooCommerce -> WooCommerce Multilingual ページに「カスタムタクゾノミー」タブが表示されます。

カスタムタクゾノミーとそのタームの翻訳
カスタム
タクゾノミーとそのタームの翻訳

タクゾノミータームは該当する言語の“+”アイコンをクリックすることで翻訳できます。

製品に関連するカスタムタクゾノミーのベーススラグは翻訳できないことにご注意ください。

製品の翻訳

製品タクゾノミーが翻訳されたら、製品を翻訳します。 2つのオプションがあります。 オプション1は、翻訳された製品のみをサイトに表示します。 オプション2は、翻訳された製品と未翻訳の製品の原語のコンテンツを表示します。 この場合、製品コンテンツだけが原語で表示され、メニューやウィジェットなどの残りのサイトは翻訳後の言語で表示されます。 これに関する詳細は、第2言語で未翻訳の製品を表示するページでご覧ください。まずWooCommerce内でデフォルト言語または第2言語の1つで製品を作成します。 まだ翻訳は行いません。 通常通りにWooCommerce内で製品を作成します。 標準製品、製品バリエーション、ダウンロード可能な製品などWooCommerceが提供するものなら何でも作成できます。

製品が作成されたら、 WooCommerce -> WooCommerce Multilingual ページで 製品タブを開きます。

全ての製品をリストする製品翻訳タブ
製品
翻訳タブ—全ての製品をリストします

製品テーブルでサイトにおける全ての製品サマリーを見ることができます。 製品が多数ある場合、ページの一番上でフィルターし、検索で希望の製品を探すことができます。 各言語はそれぞれ翻訳ステータスアイコンとコラムを持っています。 これらは未翻訳または更新が必要な製品の検索に役立ちます。 既存の製品の翻訳を編集するにはペンアイコンを、製品を翻訳するには、プラスアイコンをクリックします。

製品翻訳エディター
製品翻訳エディター

製品情報は製品翻訳エディターを使用して翻訳します。 製品を最初に作成した言語からサイトに表示する言語全てに翻訳できます。

製品翻訳アドオン

WooCommerce Multilingual は、様々なWooCommerce拡張機能により翻訳したフィールドを製品に追加することができます。. 製品に追加された拡張機能をサポートする全てのフィールドとオプションが製品翻訳ページを自動的に翻訳可能にします。

以下の画像は製品翻訳ページに存在する製品アドオンを表示します。

製品翻訳ページの製品アドオンセクション
製品
アドオン—製品翻訳ページの1セクション

WPMLと互換性があるすべての WooCommerce Extensionsを閲覧するには、wpml.orgの拡張機能ページをご覧ください。

製品バリエーションを翻訳する

WooCommerce Multilingualは、全ての言語に製品バリエーションを自動的に作成し、同期します。 デフォルト言語でバリエーションを作成した後、製品を(デフォルト言語で)保存してください。 WooCommerce Multilingual は直ちに製品の翻訳用にバリエーションを作成します。製品バリエーションは製品が翻訳されるのと同じように翻訳されます。 バリエーションの特徴の1つにカスタム製品属性があります。 一般的にこれらは全ての製品のカスタム欄と同様に、製品翻訳画面で翻訳します。

バリエーション翻訳
バリエーション翻訳

バリエーションの画像タイトルも翻訳できます。 バリエーションが一般的な製品属性を使用する場合、これらを該当するタクゾノミータブに翻訳する必要があります。 全ての属性を翻訳すると、翻訳された製品に自動的にバリエーションが生成されます。

属性の翻訳後、製品の関連バリエーションも他の言語で作成する必要があります。 これは属性タブの下のSynchronize attributes and update product variations(属性同期と製品バリエーションのアップデート)ボタンを使用して行います。

画像テキストを翻訳する

バリエーションと同様にWooCommerce Multilingualは 製品翻訳間で全ての動画を自動的に同期します。 これには注目画像、イメージギャラリー、全てのバリエーション画像が含まれます。 デフォルト言語で製品に異なる画像をアップロード、または選択した後、これを保存します。 製品の全ての翻訳が同じ画像を受け取ります。製品翻訳ページおよび他の全ての製品情報ページで画像テキストを編集できます。

画像テキストを翻訳する
画像テキストを翻訳する

これで異なる言語の同じ画像の題名と記述を指定できます。

URL翻訳

URLの様々な構成部分はWooCommerce Multilingual で翻訳できます。 WooCommerce Multilingual バージョン3.8以降、URLストリング翻訳用セクションでURLを翻訳できるようになりました。 ご希望であれば、WPML’s String Translation ページでもこのストリングを翻訳できます。WooCommerce -> WooCommerce Multilingualページを開き、Store URLs タブをクリックします。 各言語にURLリストと翻訳ステータスのコラムがあります。 既存のURL翻訳を編集するにはペンアイコン、URL翻訳を追加するにはプラスアイコンをクリックします。

Store URLタブ
Store URLタブ

ショップカートお支払いとアカウントページ

これらのURLページはそれぞれのWooCommerce ページを翻訳することで翻訳されます。

http://example.com/shop/ (English)

http://example.com/fr/boutique/ (French)

製品パーマリンクベース

他のURL関連ベースとともに製品ベースはパーマリンク設定画面で設定できます。 これらのソース言語はデフォルトによりサイトのデフォルト言語と同様ですが、他の言語やサイトに含まれない言語にも設定することができます。

製品ベースとソース言語の設定。
製品ベースとそのソース言語
の設定。

製品パーマリンクベースの翻訳は以下のようなURLを可能にします。

http://example.com/product/book (英語)

http://example.com/fr/produit/livre (フランス語)

製品ベースの翻訳
製品ベースの翻訳

製品カテゴリーベース

下の例では製品カテゴリーベース“product-category” “categorie-produit”に翻訳されています。

http://example.com/product-category/man (英語)

http://example.com/fr/categorie-produit/homme (フランス語)

製品タグベース

下の例では製品タグベース、“product-tag”“categorie-produit”に翻訳されています。

http://example.com/product-tag/new (英語)

http://example.com/fr/mot-cle-produit/nouveau (フランス語)

製品属性ベース

オプションとして属性用のURL構造の「ベース」を設定することができます。 下の例は、“filters”です。

http://example.com/filters/color/white/ (英語)

http://example.com/fr/filtres/couleur/blanche/ (フランス語)

製品属性スラグ

WooCommerce Multilingual 3.9バージョンから、属性用のスラグを翻訳できるようになりました。 下の例は、属性 “color”に該当するURLです。

http://example.com/filters/color/white/ (英語)

http://example.com/fr/filtres/couleur/blanche/ (フランス語)

WooCommerce Multilingualメニューの下の Store URLsセクションから属性スラグを翻訳できます。

属性スラグの翻訳
属性スラグの翻訳

スラグを翻訳するには、属性を翻訳可能として示し、アーカイブを有効にする必要があります。

WooCommerce エンドポイントの翻訳

“エンドポイント” はWooCommerceが検出するその他のURL部分で、ページのコンテンツを適切にレンダリングするために使用されます。

例えば次のようなページがあるとします: yoursite.com/my-account。 エンドポイント “edit-account”がこのURLに追加され、yoursite.com/my-account/edit-accountを作ると、WooCommerceは“My account”ページの代りに “Edit account”ページを表示します。

エンドポイントはWooCommerceインストールプロセスの効率を改善するためにWooCommerce 2.1 に追加されました。 Store URLsタブを通してエンドポイントを翻訳することができます。

最も頻繁に使用される2つのエンドポイントにアカウントページエンドポイントと支払いページエンドポイントがあります。 エンドポイントの詳しい情報は WooCommerce 公式ドキュメンテーションをご覧ください。

配送クラスと地域の翻訳

WooCommerceで製品にさまざまな配送オプションを設定できます。 これらはWooCommerce -> 設定ページの配送tabの下で設定できます。

配送クラスの翻訳

配送クラスは類似する種類のアイテムをグループ化します。 例えば、それぞれ異なる配送費用を持つ小、中、大サイズのパッケージに配送クラスを作成できます。

サイトのデフォルト言語で配送クラスを作成した後、これらはWooCommerce Multilingualに自動的に認識されます。 これらはWooCommerce -> WooCommerce Multilingual ページの配送クラスタブの下で翻訳できます。

WooCommerce Multilingual の配送クラスページ
配送
クラスページ ー WooCommerce Multilingual

配送地域の翻訳

地域をグループ化するために配送地域を定義し、それぞれに異なる配送費用と配送方法を選択することができます。 例えば「ヨーロッパ」という配送地域を作成し、 ヨーロッパの顧客にパッケージを送る費用を計算するために料金と方法を用意します。

配送地域は名前を翻訳するだけなので、 WPML -> String Translation ページから翻訳できます。 ページの一番上で検索を使用して配送地域ストリングを探し、これをクリックしてダイアログボックスを使用して他の言語に翻訳します。

配送地域の翻訳
配送地域の翻訳

在庫および製品属性の自動同期

製品を売る時、販売言語は在庫管理に関与しません。 在庫はデフォルト言語の製品設定で設定してください。 WooCommerce Multilingualは顧客が他言語で購入する時、在庫を自動的に更新します。 サイズや重量など非テキスト製品属性にも同じことが起こります。 これらはデフォルト言語にのみ入力します。 WooCommerce Multilingual が翻訳された製品にこれらを同様に設定します。

複数通貨を使用する

複数通貨を有効にする

WooCommerce Multilingual はサイトでの複数通貨の使用を可能にします。

WPML -> WooCommerce Multilingual を開き、複数通貨 タブをクリックします。 ここで複数通貨に関する全てを設定できます:第2通貨とその属性、他通貨の追加、異なる通貨に異なる価格を設定する、通貨切り替えオプションなど。

複数通貨タブにおける複数通貨のオプション
複数通貨タブにおける複数通貨のオプション

複数通貨モードはWooCommerce Multilingualにおいてデフォルトで無効になっています。 これを有効にすると、それぞれの通貨にカスタムフォーマットオプションを設定できます。 フロントエンドで言語に指定した通貨を表示することも可能です。

WooCommerce Multilingual バージョン3.8以降、第2通貨にWooCommerce 標準価格とは異なる価格(正規価格と販売価格)を手動で設定できるようになりました。 これにより他の拡張機能(WooCommerce Subscriptionsなど)がカスタム価格タイプを定義する際、為替レートにより決定される価格に左右されることがなくなりました。 WooCommerce Subscriptions拡張機能の場合、単一のサブスクリプションの追加価格は「登録費用」と呼ばれます。

WooCommerce Multilingualバージョン4.0リリース後、ストアに自動為替レートを設定することが可能になりました。 2つの著名なオンラインサービスから為替レートのデータソースを選択し、為替レート自動更新の頻度を指定し、 外国為替手数料を適用できるようになりました。

詳細の情報については、当社の公式なドキュメンテーション、サイトに複数通貨を使用するをお読みください。

カスタム通貨スイッチを作成 する

デベロッパーは、WPMLのシンプルなTwigテンプレートを使用してカスタム通貨スイッチをデザインすることができます。 これでテーマやプラグインのデザインに完璧に合うスイッチを作成できます。
詳しい情報は、当社の公式ドキュメンテーション、カスタム通貨スイッチのデザインをお読みください。

言語または通貨が変更するとカートの中身がクリアされる

WooCommerce Multilingual は複数通貨をサイトで使用することを可能にします。 ユーザーが言語または通貨を切り替えた時、カート内の製品をどうするかを選択します。 カートの中身は同期されるか、排除されます。 デフォルトでは製品は同期されます。このオプションは言語や通貨を切り替える際のカートのリセットを可能にするため重要です。 言語や通貨が切り替えられる時、製品とオプションが正しく同期されない場合、これを設定します。 この問題は、サブスクリプション予約配送料金表のアドバンスオプションなど、複雑な製品タイプに起こることがあります。詳しい情報は当社の公式なドキュメンテーション、言語または通貨変更時のカートの中身のクリアをご覧ください。

便利なアドオンプラグイン

他国での異なる支払い処理を有効にする

グローバルなEコマースサイトを経営する場合、国によって異なる支払いオプションを有効にする必要があります。 これを実現にするには、Multilingual CMS アカウントタイプに含まれるWooCommerce Gateways Country Limiter プラグインを使用します。

特定の国に支払いゲートウェイを有効にする
特定の国に
支払いゲートウェイを有効にする

製品の大量インポート

WPML All ImportプラグインはCSVファイルから製品をインポートする便利なツールです。

WooCommerce MultilingualとWordPress REST API を使用する

WooCommerce MultilingualはWordPress REST APIと互換性があります。 REST API を使用することで、WooCommerceの翻訳コンテンツを作成し、読み取り、アップデートを行い、削除することができます。 これには、製品、カテゴリー、注文、その他も含まれます。

このトピックに関する詳しい情報は、当社のWordPress REST APIドキュメンテーションページをお読みください。

WooCommerce Multilingual フックの使用

WooCommerce Multilingualは、多言語環境でテーマとプラグインを滑らかに動作させるためのアクションとフィルターを搭載しています。このトピックに関する詳しい情報は、WCML Hooks Reference ドキュメンテーションページをお読みください。

カスタムWooCommerce テーマの開発?

WooCommerce テーマを開発する、または既存のテーマに大幅なカスタマイズを行う場合、これらのテーマが複数言語でも動作することを確認すべきです。この作業を支援するために、当社はWooCommerce のテーマを多言語対応または複数通貨対応にするための完全チュートリアルをご用意いたしました。.