ディレクトリ内の言語を有効にした後、WPMLに異なる仮想ディレクトリのように見えるものの中で翻訳を行うように指示します。例えば、

  • www.example.com
  • www.example.com/es/
  • www.example.com/ja/

これを行うためには、Apacheのリライトモジュールを有効にし、サイトに「特殊」なパーマリンク構造を使用する必要があります(例、デフォルトのパーマリンクとは違うもの)。

その後 WPML->言語へ行き、「ディレクトリ内の違う言語」を選びます。

よくある間違え

以下を行わないようにしてください。

1) あなたのサイトに本当のディレクトリを作成する

あなたのWordPressに実際のディレクトリを作ったり、WordPressを数回インストールする必要はありません。 これを行うとディレクトリ内の言語は作動しなくなります。

これらのディレクトリは仮想です。 実際のパスとして存在しません。

2) 他のディレクトリにリダイレクトする

実際のディレクトリの作成と同様、.htaccess ファイルを編集し、リダイレクトルールを追加する人もいます。 これは止めて下さい。 WPMLは自らのリダイレクトルールを動的に作成します。