Skip Navigation

サイトのデバグ情報をWPMLサポートチームに提供することで、 サポートリクエストがより迅速に対応されます。 この情報は、サーバー設定、WordPressバージョン、プラグイン、テーマなどの一般情報を含みます。 これらの情報は個人情報ではなく、サイトの不正侵入に使用されるデータを含みません。 またこの情報はあなたのスレッドに対応するサポート担当者のみが閲覧します。

WPMLのデバグ情報表示はWPML 3.1.7バージョンから利用できます。 以前のバージョンをご使用の場合、WPMLと全てのコンポーネントをアップデートしてください。

デバグ情報を提供するには、サイトにログインし WPMLサポートに移動します。ページの一番下で「デバグ情報」リンクをクリックします。

WPMLのデバグ情報管理ページ
WPMLのデバグ情報管理ページ

「デバグ情報」ページでテキストボックス内の全てのコンテンツを選択し、コピーします。

デバグ情報の選択・コピー
デバグ情報の選択・コピー

サポートフォーラムへ戻り、デバグ情報を提供することを示し、これを貼り付けます。

デバグ情報の追加
デバグ情報の追加

返答を書き、これを投稿します。 これだけです。 サポートチームはサイトの実行内容について知るために、迅速にサポートを提供できます。

これがサポートチームにどのように見えるかご存じですか?

チケットに対応するサポート担当者は提供された情報を「読める」方法で閲覧します。

弊社が受け取るデバグ情報
弊社が受け取るデバグ情報

サーバータイプ、WordPress、プラグイン、テーマの部分があります。 デバグ情報は全ての技術情報を提供するバージョン番号を含むため、あなたとサポート担当者の時間を節約します。

デバグ情報の提供はあなたとWPMLのサポート時間を節約し、より正確なサポートの提供を可能にします。 ご提供していただき、ありがとうございます!