翻訳ページの表示が元のページより遅い場合、できることが幾つかあります。

まず問題の原因を調べます。 DBアクセスとPHP処理を調べるためにデバグクエリプラグインを使います。

予期しない多数のクエリを発見した場合、これらの潜在的な発生源を調べます。

ストリング翻訳トラッキング

WPML を使うと翻訳可能なストリングがどこから来たか見ることができます。 これはパワフルな機能ですが、多くのリソースが必要です。

WPML->ストリング翻訳 へ行き、 "サイトのどこにストリングが現れるか追跡する”がチェックされていないことを確認します。 この機能はあなたのサイトの各GetTextストリングに対し、SQLクエリを発生します。 これらのクエリはあなたがAdminとしてログインした時にだけ起こります。

自動ID調整

WPMLは自動的にハードコード化されたIDを現在の言語に変換します。 これは WPML->言語->テーマをマルチリンガルで使うを通して管理します。

マルチリンガル機能用にIDを調整する”が選択されている場合、WPMLはテーマが特定のIDを有するアイテムを読み込もうとする場合、常にSQLクエリを実行します。 これが必要な時もありますが、自分で最適化することもできます。

このオプションを無効にし、 icl_object_idWPMLの APIからその他の機能を使って、テーマをマルチリンガルにすることができます。