WPMLはサイトマネジャーにどのユーザーが、どのコンテンツを翻訳するかを決定させる翻訳管理プラグインを提供します。

翻訳管理モジュールは Multilingual CMS packageの一部です。

本ページはWPMLの翻訳管理の使用方法を説明します。

詳細については、翻訳管理機能をお読みください。

トランスレーターの設定

WPMLのトランスレーターはあなたが翻訳業務を割り当てるWordPressのユーザーです。トランスレーターは購読者を含む、何らかのWordPressアカウントタイプを有します。翻訳する時、彼らは手動でWordPressの投稿文やページを編集するのではなく、WPMLの翻訳エディターを使います。

WordPressユーザーをトランスレーターに変換するには:

WPML->Translation Management->Translatorsへ行きます。

トランスレーター設定タブ
トランスレーターの設定

翻訳言語ペアとユーザーを選択します。

自分のトランスレーターには、’local’ オプションをクリックし、WordPressユーザーを選択します。 またICanLocalizeなどの翻訳サービスを有効にすると、有資格の翻訳者を探すことができます。

地域の翻訳者を追加する
地域の翻訳者を追加する

注:すでにWordPressユーザーをトランスレーターとして選択している場合、他の言語ペアを追加するには、このページのトランスレーターリスト内のトランスレーターの’edit languages’ (言語編集)リンクをクリックしてください。

トランスレーター言語ペアの追加
トランスレーター言語ペアの追加

翻訳のコンテンツタイプを選択する

カスタムフィールドなしで投稿文とページを使用する方は、このセクションをスキップしても結構です。

カスタムタイプとカスタムフィールドを翻訳に選択するには:

WPML->Translation Management->Multilingual Content Setup へ行きます。

カスタムフィールド、カスタムタイプ、タクゾノミーが表示されます。 翻訳が必要なものをチェックします。

多言語コンテンツ設定

多言語コンテンツ設定

 カスタムフィールドには以下を選択できます:

  • 翻訳しない
  • 同期-オリジナルを翻訳のためにコピーする
  • 翻訳する

カスタムタイプとタクソノミーは翻訳を可能にするか、あるいはデフォルト言語のままにします。

コンテンツを翻訳に送る

通常のWordPressユーザーをトランスレーターに変更し、翻訳するものを設定したらコンテンツを翻訳に送れます。

WPML->Translation Management->Translation Dashboardへ行きます。

翻訳ダッシュボード
Translation Dashboard

翻訳ダッシュボードを利用して翻訳の状況に従ってコンテンツをフィルタします。その後、翻訳されるコンテンツと翻訳言語を決めます。

Send to translation basket (翻訳バスケットに送信)をクリックすると、選択したアイテムが翻訳バスケットタブに追加されます。そこからアイテムを翻訳に送信します。

翻訳バスケット
翻訳バスケット

プロフェッショナルの翻訳サービスを有効にすると、コンテンツは翻訳用にオフサイトに送信されます。localを選択すると、トランスレーターはメールで通知を受け取り、WPMLの翻訳エディターを使用してWordPress内で翻訳します。

いずれにしろ、あなたは「翻訳されていません」から「翻訳は進行中です」というドキュメントの状態を見ることができます。翻訳が完了すると、状況がそれに従ってアップデートされます。

トランスレーター用のジョブのキュー(列)

管理者が翻訳コンテンツを送ると、あなたのトランスレーターはメールにより通知を受け取ります。

トランスレーターには翻訳ダッシュボードは見えません。 その代わり各トランスレーターは管理者が送った仕事のキュー(列)を持ちます。

トランスレーターは保留中のジョブのキューを見るために、 WPML->Translationsへ行きます。

翻訳ジョブの列

WPMLの翻訳エディターを使って翻訳する

トランスレーターは保留中のジョブリストから「編集」をクリックした後、WPMLの翻訳エディターへ行きます。そこで彼らは横並びに表示される元のテキストと翻訳を見ます。

これが翻訳エディター内のHello worldの投稿文です。

翻訳エディターを使用する

ブログ投稿文はタイトル、本文、タグ、カテゴリーを含みます。翻訳エディターはそれぞれを違うフィールドに表示します。 元のテキストと翻訳とその間のコピーが見えます。

標準のWordPressエディターと同様、翻訳エディターはHTMLとビジュアル編集モードを含みます。

各フィールドが完了したら、翻訳完了チェックボックスをクリックし、次のフィールドに移動します。

翻訳済みの元のドキュメントが変更されると、トランスレーターは投稿文コンテンツエディターの下にある”Show changes” (変更表示)リンクを使用して変更されたテキストを見ることができます。

元のドキュメントの変更を表示する
元のドキュメントの変更を表示する