投稿、ページ、タクゾノミーに含まれないものはすべてString Translation に含まれます。 これにはサイトのタグライン、管理画面の一般的なテキスト、ウィジェットタイトル、その他多くのテキストが含まれます。

モジュールの有効化

WPML’s String Translation モジュールは Multilingual CMSアカウントタイプの一部です。 有効にするには、まずWPML.orgアカウント のダウンロードセクションからダウンロードし、インストールします。

その後、自分のサイトからWPML -> String Translation ページへ移動します。

String Translation 管理画面
String Translation 管理画面

 

表示ストリングの選択

複雑なサイトは翻訳が必要な多くのストリングを含みます。 表示するストリングを決定するには、String Translationページの一番上で表示フィルタを使用します。

  • 表示ストリングを決定-翻訳ステータスを選択します(全て、翻訳完了、翻訳が必要、翻訳者を待っている)
  • Stringsドメイン – WPMLはストリングをドメイン別に整理するため、特定のストリングを簡単に見つけられます。 例えばウィジェットストリングをお探しなら、ウィジェットドメインを選択してください
  • 検索 – 特定のストリングに絞り込むために検索値を入力できます

ストリング翻訳

翻訳エディターを開くには翻訳リンクをクリックしてください。

テキストストリングの翻訳
ストリングの翻訳

翻訳後、翻訳完了を忘れずにクリックしてください。 未完成の翻訳はサイトに表示されません。

WPMLのTranslation Management モジュールをご使用なら、翻訳者にストリングを送ることも可能です。

ストリングの横のチェックボックスをクリックし、(翻訳オプションボックスの中で) リストから言語を選択し、翻訳に送るものを選択してください。 特定の翻訳者を選択することはできません。 言語ペア内の全ての翻訳者が選択されたストリングを翻訳できます。

ストリングを翻訳に送る
ストリングを翻訳に送る

ストリングを削除中です

あるテーマまたはプラグインを使用しなくなり、関係するストリングを取り除きたいとお考えですか。 取り除きたいストリングを選択し、選択したストリングを削除をクリックしてください。

選択したストリングを削除
選択したストリングを削除

ストリングの原語

指定したストリング、またはドメイン(コンテキスト)に所属する全てのストリングをソース言語を設定できます。

特定ストリングの言語を変更するには、それらを選択し、新規の選択したストリングの言語を変更ボタンをクリックします。 その後、新しい言語を選択します。

選択したストリングの言語を変更

全てのコンテクストの言語も変更できます。 英語以外の言語でテーマやプラグインがコードされている場合、便利です。 String Translation ページの一番上で、ドメイン言語への新しいリンクをクリックします。

「ドメイン言語」へのリンクをクリック

その後、新しい言語を選択します。

ドメイン全体の言語設定ダイアログ

ダイアログはドメイン内のストリングテーブルを表示します。 新しい言語を選択し、その言語をドメインに追加される新しいストリングのデフォルトに設定できます。

Advanced String Translation 機能

基本的なフィルタと翻訳機能の他に、WPMLはサイト管理を簡単にするアドバンスオプションを提供します。

ストリングがサイトに表示される日時を追跡

このオプションはサイトの公開ページでストリングが表示される日時を特定します。 有効にすると、WPMLはPHPソースの記録と各ストリングを表示するページを追跡します。 この機能はストリングの正しいコンテクストと翻訳へのアプローチを理解するために便利です。

ストリングの使用を有効/無効にする ストリングリスト上の情報アイコン PHPコード内のストリング 公開ページ上のストリング
tracking_strings string-debug-options see-where-string-appears show-on-page
公開ページに表示されるストリングの追跡を有効または無効にします。 コード内または公開ページ内のどこにストリングが表示されるかを確認するには、アイコンをクリックします。 サーバーに負荷が追加されない静的操作。 サーバーに負荷を与えるサイト開発用の動的操作。

使用方法:

  1. サイトに表示されるストリングを追跡オプションを有効にします。
  2. サイトのフロントエンドページを閲覧します。
  3. サイトのデフォルト言語以外の言語にスイッチします。
  4. WPMLは閲覧中のページに表示されるストリングを登録します。 必要な全てのストリングを網羅するために他のページに移動します。

これはデータベース集中操作であることにご注意ください。 サイト構築時にのみ有効にすべきです。 ストリングの登録終了後、String Translation 管理ページに戻り、「サイトに表示されるストリングを追跡」を無効にすることを確認します。 プロダクションモードでこのオプションを有効にし続けると、サイトのスピードがかなり遅くなります。

翻訳用のストリングを自動登録

WPMLは、テーマやプラグインで翻訳が必要なストリングを特定するためにスタティックコード分析を使用します。 場合によっては、スタティックコードのスキャンが全てのストリングを確実に発見できないことがあります。 これはストリングがコード使用により動的に生成される時に起こりがちです(静的ではない/”ハードコードされた” ) 。

自動登録を有効にすることで、WPMLは表示時に翻訳が必要なストリングを登録します。 より慎重なオプションに管理者としてログインした時にストリングを登録する方法があります。 この場合、ログインした管理者がサイトを閲覧する際、表示されたストリングをWPMLが全て登録します。

この操作はストリングが翻訳用に登録される間、データベースクエリ数を増やします。

.po のインポート/エクスポート

他のソースから翻訳をインポートし、.poファイルを使用して現在の翻訳をエクスポートすることができます。翻訳なしでストリングをエクスポートする場合、ファイル拡張子は .pot (Portable Object Template)になります。 翻訳を含む場合、拡張子は.poになります。

翻訳をインポートする場合、インポート先の言語を選択する必要があります。

wp_options テーブル内でストリングを翻訳

多くのテーマとプラグインはテキストを wp_options テーブル内で保管します。 ウィジェットの場合も同様です。 ウィジェットは wp-optionsテーブル内に設定欄も保管します。 WPMLにこれらのストリングを翻訳用に登録するよう指示することができます。

これを行なうには、管理画面の翻訳可能テキストをクリックします。 これにより、WPMLによりサイトで発見されたストリングを表示するダイアログを開きます。

管理画面設定でテキストを翻訳
管理画面設定でテキストを翻訳

リストは頻繁に展開や折りたたみが可能なツリーとして表示されます。

wpml config ファイルとしてストリングをエクスポート
wp_options テーブルで翻訳用ストリングを選択

開発者のノート: 私たちはテーマとプラグイン作成者にwp_options テーブルのどのストリングを翻訳用に登録するかをWPMLに説明する言語設定ファイルをコードに含むことをお薦めします。 これによりエンドユーザーは多言語サイトを効率的に設定できます。 「テーマまたはプラグインに追加できるWPML設定ファイルとして選択したストリングをエクスポートする」ボタンを使用してストリングを簡単にエクスポートできます(上の画像参照)。

オプションが多数のサブオプションを含む場合、設定ファイル内でアステリク(*)をワイルドカードとして使用できます。 詳しい情報は言語設定ファイルの作成に関するページで情報と例をご覧ください。