Skip Navigation
原作
3月 16, 2012
更新済み
1月 11, 2021

WPMLは、WordPressメニューの翻訳と言語別メニューの作成を可能にします。 メニューは手動で翻訳するか、WPMLにメニューコンテンツを同期させることができます。

以下の動画でその方法を閲覧するか、下記の詳細をお読みください。

オプション 1 – メニューを手動で翻訳する

Appearance(外観) → Menus(メニュー)を開きます。

言語コントロール付きメニュー
言語コントロール付きメニュー

メニューを翻訳するには、その他の言語の横のアイコンをクリックします。 これでこのメニューにリンクする新しいメニューを作成することになります。

翻訳されたメニュー
翻訳されたメニュー

デフォルト言語メニューで行ったように、翻訳されたメニューにページやカテゴリーを追加できるようになります。

オプション2 – WPMLによる自動メニュー同期

メニュー同期ツールは、様々な言語のメニューを同期し続けます。 デフォルト言語メニューに合わせて、翻訳されたメニューにアイテムを追加、除去、更新することでこれを実行します。

WPMLのメニュー同期を使用するには、 WPML → WP Menus Syncを開きます。

WPMLは変更予定を表示します。

メニュー同期ツールがアップデートが必要な項目を表示します。
メニュー同期ツールが更新が必要なアイテムを表示します

翻訳されたメニューで追加されたもの、削除されたものが表示されます。 選択した操作を実行するために、Sync(同期)ボタンをクリックします。

変更を見直し、適用するものと開始を選択します
変更を見直し、適用するものを選択し、Apply Changes(変更を適用)をクリックします。

手動で翻訳メニューに追加されたものは、WPMLの同期操作で保存されます。

カスタムリンクの翻訳

アドオンをお持ちではない場合、翻訳されたメニュー内でカスタムリンクやそのラベルを手動で編集できます。

WPML String Translationアドオンが有効な場合、以下の手順でこれを使用してメニューの翻訳に使用できます。

  • メニューの同期後、 WPML → WP Menus Syncページを再度開きます。
  • WPML → String Translationページでカスタムメニューリンクとラベルを翻訳するには、下にあるリンクを見つけてください。
  • 翻訳されたメニューリンクとラベルをアップデートするには、 WPML → WP Menus Sync ページを開き、再度Sync (同期)を実行します。

1. String Translationで翻訳するには、メニューの同期後、ページの一番下にあるリンクを見つけます。
1. String Translationで翻訳するには、メニューの同期後、ページの一番下にあるリンクを見つけます。

2. 検索ドロップダウンで正しいドメインを選択します
2. 検索ドロップダウンで正しいドメインを選択します

3. 翻訳されたストリングを使用してリンクアイテムの名前を変更するには、 メニュー同期をもう一度実行します
3. 翻訳されたストリングを使用してリンクアイテムの名前を変更するには、 メニュー同期をもう一度実行します

4. 翻訳されたメニューがフロントエンドに表示されます
4. 翻訳されたメニューがフロントエンドに表示されます