WPMLは、WordPressメニューの翻訳と言語別メニューの作成を可能にします。 メニューは手動で翻訳するか、WPMLにメニューコンテンツを同期させることができます。

以下の動画でその方法を閲覧するか、下記の詳細をお読みください。

オプション 1 – メニューを手動で翻訳する

外観 -> メニュー を開きます。

言語コントロール付きメニュー
言語コントロール付きメニュー

このメニューを翻訳するには、他の言語の横で+アイコンをクリックします。 これでこのメニューにリンクする新しいメニューを作成することになります。

翻訳されたメニュー
翻訳されたメニュー

翻訳されたメニューにページやカテゴリーを追加できます。

オプション2 – WPMLによる自動メニュー同期

メニュー同期ツールは、様々な言語のメニューを同期し続けることを目的とします。 翻訳されたメニューからアイテムを追加または削除することで、それが行われます。 こうすれば、翻訳されたメニューに対して行った手動の編集が同期プロセスを通して保持されます。

WPMLメニューの同期を使用するには、WPML -> WP メニュー同期を開きます。

WPMLが実施されることを表示します。 翻訳されたメニューで追加されたもの、削除されたものが表示されます。 選択した操作を実行するために、同期ボタンをクリックします。 翻訳されたメニューに手動で追加したものは、WPML同期操作を通して保存されます。

カスタムリンクの翻訳

WPML String Translationアドオンをインストールしなかった場合、翻訳されたメニュー内でカスタムリンクとそのラベルを手動で編集できます。

WPML String Translationアドオンが有効な場合、以下のステップを利用できます:

  • メニュー同期後、 WPML -> WP メニュー同期 ページを再び開きます。
  • WPML -> String Translation ページでカスタムメニューリンクとラベルを翻訳するために、一番下でリンクを探します。
  • WPML -> WP メニュー同期 ページを開き、翻訳されたメニューリンクとラベルをアップデートするために、もう1度同期を実行します。

1. メニュー同期ツールがアップデートが必要な項目を表示します。
1. メニュー同期ツールがアップデートが必要な項目を表示します。

2. 変更を見直し、適用するものと開始を選択します
2. 変更を見直し、適用するものと開始を選択します

3. 同期結果を見直し、ストリング翻訳が必要なリンク項目を書き留めます
3. 同期結果を見直し、ストリング翻訳が必要なリンク項目を書き留めます

4. カスタムリンクメニューアイテムのストリングを翻訳します
4. カスタムリンクメニューアイテムのストリングを翻訳します

5. 翻訳されたストリングを使用して、リンクアイテムの名前を変更するために、メニュー同期を再実行します
5. 翻訳されたストリングを使用して、リンクアイテムの名前を変更するために、メニュー同期を再実行します

6. 翻訳されたメニューが表示されます。
6. 翻訳されたメニューが表示されます。

翻訳されたメニューの表示

テーマ内でデフォルト言語のメニューを指定します。 WPMLが自動的にメニューシステムにフックし、現在の言語に適切なメニューを表示します。