Skip Navigation

Home » WPML ドキュメンテーション » 関連プロジェクト » Advanced Custom Fields (ACF) Multilingual – WPMLですべてのフィールドを翻訳する。

Advanced Custom Fields (ACF) Multilingual – WPMLですべてのフィールドを翻訳する。

ACFML では、Advanced Custom Fields (ACF) を使用して多言語サイトを構築し、フィールドのコンテンツやラベルを簡単に翻訳できます。 ACFとACFプロの両方をカバーしている。 世界中の70,000人以上の開発者が、ACFMLを利用して高度な多言語WordPressサイトを構築している。

主な特長

カスタムフィールドの値、ラベル、タイトルを翻訳可能

複雑なフィールドセットアップのために翻訳ワークフローをカスタマイズする柔軟性

ACFで作成するすべてのものに対して、シンプルで直感的な翻訳オプションが用意されている。

Elementor PROとACFの統合により、動的に挿入されたカスタムフィールドを翻訳することができる。

ACFが運営するウェブサイトに自動翻訳、個人翻訳者、翻訳サービスを利用する。

このページの内容:

必要なプラグイン

ACFMLには、Multilingual CMSと Multilingual Agencyのアカウントタイプがある。 すでにご利用いただいている方は、WPMLのダウンロードページからプラグインを入手できます。 そうでなければ、WPMLを購入することから始めましょう。

多言語とACFに対応したウェブサイトを構築するには、以下のプラグインをインストールして有効化する必要がある:

各フィールドグループの翻訳方法を選択してください。

アドバンスドカスタムフィールド(ACF)を使用すると、ウェブサイト固有のニーズに合わせた多様なフィールドグループを作成できます。 この柔軟性は、フィールドグループごとに異なる翻訳アプローチを必要とする可能性があることを意味する。

例えば、技術系のウェブサイトを運営していて、商品説明、リリース日、仕様のような商品を紹介するACFカスタムフィールドを作成するとします。

あなたのサイトのすべての言語で同じ情報を表示し、単にコンテンツを翻訳したい。

デフォルト言語での製品校閲

スペイン語に翻訳された製品校閲者

さて、あなたが家庭教師サービスのウェブサイトを開発しているとしよう。 講師名、科目、経歴、時間単価などの詳細にはカスタムフィールドを使用しています。 このプラットフォームでは、英語を話す聴衆とスペイン語を話す聴衆のために、それぞれ異なる講師を用意することができます。

そのため、各言語で異なるフィールド値、さらには異なる数のフィールドを表示する機能が必要です。

英語を話す講師を紹介するカスタムフィールドのあるページ

スペイン語を話す講師を紹介するカスタムフィールド付き翻訳可能ページ

ACF Multilingual (ACFML)を使用すれば、フィールドグループごとに異なるニーズに最も適した翻訳オプションを選ぶことができる。 主に2つの選択肢がある。

  • 言語間で同じフィールド – このオプションは、技術系ウェブサイトの製品説明の例のように、コンテンツを翻訳し、フィールドの値をすべての言語で同じにしたい場合に最適です。
  • 言語間で異なるフィールド– 家庭教師のウェブサイトの例に見られるように、各言語で異なるコンテンツ、異なるフィールド数、または異なるレイアウトを希望する場合は、この翻訳オプションを選択することができます.

各フィールドグループの翻訳オプションの設定

各フィールドグループの翻訳オプションは、以下の方法で設定できます:

  • ACFMLを起動した後に表示されるプロンプトでSet translation optionsボタンをクリックする。
  • ACF → フィールドグループと進み、各フィールドグループの編集をクリックする。

フィールドグループに翻訳オプションを設定しなければ、そのフィールドを翻訳することはできません。

翻訳オプションを選択した後にACFフィールドを翻訳する方法

フィールドグループの翻訳オプションを設定したら、いよいよACFフィールドを翻訳します。 これらのフィールドは添付されている投稿の一部なので、投稿を翻訳することはそのACFフィールドも翻訳することを意味する。

言語を超えて同じフィールドがある

を選択すると WPMLのフィールドグループに、言語間で同じフィールドを追加するオプションがあります。 WPML → 翻訳管理のカスタムフィールドで投稿やページを送信します。 自動翻訳のためにコンテンツを送信するか、別の翻訳者に割り当てるか、プロの翻訳サービスを使用するか、または自分で翻訳を処理することを選択できます。

コンテンツを自分で翻訳する場合、WPMLのアドバンスド翻訳エディタを開きます。 これはWPMLの翻訳用デフォルトエディタです。

エディタには、メインコンテンツと翻訳可能なカスタムフィールドが表示されます。

Advanced Translation Editorで投稿コンテンツとカスタムフィールドを翻訳する

異なるフィールドグループのカスタムフィールドに、それぞれ固有のフィールド名があることを確認してください。 複数のカスタムフィールドで同じフィールド名を使用する場合、Advanced Translation Editorで翻訳可能なすべてのフィールド値が表示されないことがあります。

言語間のフィールドの違い

言語間で異なるフィールドオプションを使用すると、各言語バージョンで独自のカスタムフィールドの値とレイアウトを持つことができ、異なる言語でユニークなデザインとコンテンツを可能にします。 この場合、使用しているWordPressエディタ(Gutenberg、Elementor、Diviなど)で投稿とそのフィールドを手動で翻訳する必要があります。

いくつかの簡単なステップを踏むだけでいい:

01.

カスタムフィールドを含む投稿またはページを翻訳したい言語の横にあるプラス (+)アイコンをクリックします。

02.

WordPressエディターで、第二言語でページにタイトルを追加し、公開をクリックします。

03.

ページを外観し、エディタに表示される空のカスタムフィールドに翻訳を書き込みます。

フィールドグループで言語間で異なるフィールドを選択することで、WPMLは自動的に正しい翻訳プロセスを設定します。 プラス(+)アイコンがどの翻訳エディタにつながるかを設定する必要はありません – WPMLは、あなたが言語バージョンごとに異なるコンテンツを望んでいることを知っています。


フロントエンドでデフォルトとセカンダリの言語ページを表示すると、翻訳が接続され、それぞれの言語バージョンが独自のフィールド値とレイアウトを表示しているのがわかります。

デフォルト言語のカスタムフィールドを持つページ

フィールド値が異なる翻訳可能ページ

ACFマルチリンガルでできること

ACFとWPMLの使用に関するより詳細な情報については、以下の関連トピックをご覧ください:

Advanced Custom Fields (ACF) Multilingual – WPMLですべてのフィールドを翻訳する。
更新済み
3月 27, 2024