ナビゲーションをスキップする
更新済み
5月 23, 2024

WPMLのAdvanced Translation Editorは、より良い翻訳を提供しながら、あなたと翻訳者がより迅速かつ簡単に作業できるようにする。 このエディターには、機械翻訳、用語集、翻訳メモリ、スペルチェッカー、HTMLレス編集などの主な機能がある。

Advanced Translation EditorはWPMLのデフォルトの翻訳エディターである。 ブラウザ上で直接動作し、あなたやお住まいの地域の翻訳者が投稿、ページ、文字列をシームレスに翻訳することができる。

Advanced Translation Editorの紹介ビデオを見る:

必要なもの

Advanced Translation Editorを使用するには、あなたのサイトに以下のWPMLプラグインがインストールされ、有効になっていることを確認すること:

Advanced Translation Editorを有効にする

Advanced Translation Editorは、すべての新規サイトでデフォルトで優先翻訳エディタとして選択されている。 あなたのサイト用にそれが選択されていない場合は、WPML → 設定ページで変更できる。

WPML設定で Advanced Translation Editor を有効にする

Advanced Translation Editorの主な機能

Advanced Translation Editorには、ウェブサイトを簡単かつシームレスに翻訳するための優れた機能が数多くある。

URL、ショートコード、HTML属性を翻訳したい場合、Advanced Translation Editorの検索バーで値を検索することで翻訳できる。

Advanced Translation Editorで翻訳するURLを見つける

自動翻訳

WPMLのAdvanced Translation Editorでできること:

  • すべてを自動翻訳するモードを使用して自動的に翻訳されたコンテンツを見直して変更する。
  • 選択したものを翻訳するモードで特定のページや文章を自動翻訳する。

デフォルトで、Advanced Translation Editorは、あなたが翻訳のために送信した投稿やページを自動的に翻訳する。 その後、これらの翻訳を見直して、必要に応じて編集することができる。

Advanced Translation Editorで自動翻訳されたコンテンツ

提供された自動翻訳を使用したくない場合は、単に元に戻すボタンをクリックすることができる。 これは自動翻訳を削除し、使用されたクレジットを即座に返す。

翻訳を元に戻すをクリックすると、提供された自動翻訳が削除される。

その後、自分でコンテンツを翻訳することもできるし、自動翻訳したいテキストの横にある稲妻のアイコンをクリックして、個々の文章の自動翻訳を使用することもできる。

WPMLによる自動翻訳は、世界のほとんどの言語に対応している。 DeepLGoogle TranslateMicrosoft Translatorによる機械翻訳を使ってサイトを翻訳することができる。 翻訳エンジンとしてDeepLを選択した場合、さらに翻訳の形式レベルを選択できる。

翻訳エンジンの選択と自動翻訳コンテンツの公開タイミングは、WPML → 設定ページで確認できる。

翻訳エンジンの選択と自動翻訳コンテンツの扱い方

自動翻訳アカウントに登録すれば、毎月2000自動翻訳クレジットを無料で入手できる。 クレジットは必要な時に、リーズナブルな価格で追加できる。

HTMLマーカー

原語のコンテンツには、フォーマットされたテキストが含まれている場合がある。 つまり、語句によってはイタリック体や太字になったり、ハイパーリンクが含まれたりする。 WordPressのブロックエディターでは見えないが、テキストはHTMLタグでラップされている。

Advanced Translation Editorで書式付きテキストの投稿やページを翻訳すると、デフォルト言語のテキストが書式マーカーでハイライトされる。 Advanced Translation Editorを使えば、実際にHTMLを編集することなく、翻訳に同じスタイルを適用できる。

こうすることで、ページ構造を壊したり、不正なHTMLを生成したりするリスクはなくなる。

例えば、フロントエンドで整形されたテキストを使った投稿だ:

書式付きテキストのコンテンツ例

自動翻訳された投稿をAdvanced Translation Editorで表示すると、デフォルト言語と第二言語のテキストにフォーマットマーカーが自動的に適用されているのがわかる:

Advanced Translation EditorでHTMLマーカーが自動適用される

Advanced Translation Editorでコンテンツを手動で翻訳する場合、フォーマットマーカーを使用して、第二言語の対応するテキストに同じスタイルを適用する必要がある。 そうして初めて、翻訳を完成させることができる。

  1. 第二言語の対応するテキストを強調表示する。
  2. 原語のマーカーと同じ色のボタンをクリックする。 第二言語のフレーズは、元のテキストと同じ色でハイライトされる。 残りのテキストも必要に応じて繰り返す。
マーカーを翻訳に適用する
  1. 第二言語のテキストにすべてのHTML書式を適用したら、緑のボックスのチェックマークをクリックして翻訳を確定することができる。

これで、第二言語のテキストにも同じ書式が適用される。

翻訳メモリ

Advanced Translation Editorはコンテンツを文章に分割する。 これにより、エディターはサイト全体の翻訳メモリ内のすべての翻訳テキストを追跡できる。

サイトのどこかで文章を繰り返した場合、Advanced Translation Editorはページを翻訳する際に保存した翻訳を自動的に適用する。 同じ文章を何度も翻訳する必要がなくなるので、時間とお金の節約になる。

詳しくは、WPMLの翻訳メモリの仕組みのページをご覧いただきたい。

文章をつなぐ

Advanced Translation Editorで文章を組み合わせることで、コンテンツの翻訳方法に柔軟性を持たせることができる。 このため、自然な流れで翻訳を行うことができ、1対1では直接訳せない文章も翻訳することができる。

文章を結合するには、結合したいコンテンツの横にあるリンクマークをクリックする。

Advanced Translation Editorで文を結合する

結合解除をクリックすれば、文章の結合を解除することもできる。

Advanced Translation Editorで文章を結合するステップバイステップの手順については、このビデオを参照。

注意:文を結合すると、翻訳メモリが個々の文の翻訳を再利用できなくなる。 サイト内の複数の場所に表示される文章を翻訳する場合は、文章を分けておくことをお勧めする。

用語集

Advanced Translation Editorでは、重要な用語や語句の用語集で指定された翻訳を確認し、挿入することができる。

これは、より一貫性のある翻訳を作成するのに役立ち、翻訳者が関連用語を調べる時間を節約し、自動翻訳が間違ったフレーズ(会社名など)を翻訳するのを防ぐ。

Advanced Translation Editorで用語集を表示・挿入する

用語集を作成・管理する方法についてさらに読む。

スペルチェッカー

内蔵のスペルチェッカーは、翻訳者がスペルミスやタイプミスを防ぐのに役立つ。

スペルチェッカーを使ってスペルミスを訂正する

Advanced Translation Editorを無効にする

Advanced Translation Editorを使いたくない場合もあるだろう:

  • 異なる言語で異なるレイアウトを作成したい。
  • 言語ごとに異なるショートコードを使いたい。
  • Advanced Translation Editorと互換性のないプラグインを使用している。

このような場合は、WordPressエディターを使って特定のページを手動で翻訳することができる。 これにより、Advanced Translation Editorとそれに付随する機能を、サイトの他の部分で使い続けることができる。

WPMLの設定でAdvanced Translation Editorを完全に無効にすると、自動翻訳、用語集、翻訳メモリが使えなくなる。 翻訳途中のものは、もう利用できなくなる。 Advanced Translation Editorを再度有効にした場合、無効化後に手動で追加した翻訳は保存されない。

WPMLプラグインをリセットまたはアンインストールすると、翻訳メモリ、用語集、自動翻訳アカウントが消去されるので注意すること。 以前の請求書やワード使用レポートはアクセスできなくなる。 現時点では、これらの設定を回復する方法はない。